Newsletter

[Market Eye]Stocks: The Nikkei average in the latter part of the market has narrowed, and there are speculations in the market ahead of the BOJ meeting | Reuters

[東京 16日 ロイター] –   <13:40> 後場の日経平均は上げ幅縮小、日銀会合を前に市場では思惑も 後場に入り、日経平均は上げ幅を縮小している。約280円高の2万6600円付近 で推移している。前日の米株は反発したが、米連邦準備理事会(FRB)が一段とタカ派 姿勢を強めたことで、警戒感も根強い。「米金利上昇を見据えて日本株市場では利益確定 売りが出て、米債を買う動きがみられる」(国内証券)との声が聞かれた。 17日には、日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えている。「市場の予想通り政 策の現状維持が示されれば、株式市場への影響は限定的となりそうだ」(国内運用会社) との見方が出ている。 黒田東彦総裁は「家計が値上げを受け入れている」との講演での発言を国会で撤回す る一幕があり、明日の会合後の総裁会見でも「円安を助長するようなメッセージは控えら れるのではないか」(先の国内証券)との声がある。 一方、財務省と金融庁、日銀は前週末、為替市場の動向などで意見交換し、急速な円 安進行について「憂慮している」との認識を共有し、声明をまとめて協議後に発表した。 「円高材料が出ないか注意が必要」(別の国内証券)との見方もある。 <11:50> 前場の日経平均は反発、FOMC通過で買い戻し 一時600円超高 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比367円89銭高の2万6694円0 5銭と、反発した。市場の関心が高かった米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し、 買い戻しが先行した。一時600円超高に上昇したが、心理的節目の2万7000円の手 前では利益確定売りに抑えられ、伸び悩んだ。   日経平均は、急反発でスタートした後も上値を伸ばした。前日までの4営業日で終値 ベースで約1900円下落しており、イベントの通過に伴って買い戻しが強まった。 自動車など輸送用機器や機械株といった輸出関連株、ハイテク株、高PER(株価収 益率)株など幅広い銘柄で買い戻しが先行。TOPIXグロース株指数と同バリュー株指 数はともに堅調だった。   一方、市場では「ニューロングが入ってる感じはない」(りそなアセットマネジメン トの戸田浩司ファンドマネージャー)との見方も聞かれた。一時621円54銭高の2万 6947円70銭に上昇したものの、心理的節目の2万7000円手前では利益確定売り や戻り待ちの売りが上値を抑え、伸び悩んだ。 FOMCは0.75%の大幅利上げとなったが、市場では事前に米消費者物価指数( CPI)の強い結果を受けて急速に織り込みが進んでいたこともあって、予想通りの結果 と受け止められた。ただ「米国の金融政策や景気の先行き不透明感は晴れておらず、市場 のボラティリティも落ち着いていない中では、腰を据えては買えない」(戸田氏)との声 も出ていた。 TOPIXは1.26%高の1879.29ポイントで午前の取引を終了。東証プラ イム市場の売買代金は1兆3371億0700万円だった。東証33業種では32業種が 値上がりした。値上がり率上位には、水産・農林業や輸送用機器、精密機器などが並んだ 。値下がりは海運業の1業種だった。 トヨタ自動車や三菱重工業、ダイキン工業が大幅高となっ た。ファーストリテイリング、ニコンもしっかり。東京エレクトロンは急反発後、徐々に上げ幅を縮めた。川崎汽船は大幅安となった。   東証プライム市場の騰落数は、値上がりが1529銘柄(83%)、値下がりは26 5銘柄(14%)、変わらずは44銘柄(2%)だった。 <10:52> 日経平均は一時600円超高、心理的節目を前に伸び悩み 日経平均は、一時600円超高に上昇したが、心理的節目2万7000円を前に伸び 悩んだ。利益確定や戻り待ちの売りに上値を抑えられ、足元では2万6800円付近に上 げ幅を縮めている。 市場では、きょうの株高について「これまでの下落からの自律反発の範囲内の動きに とどまる」(国内証券)との声が聞かれる。前日までの4営業日で日経平均は終値ベース で約1900円下落しており「まだ戻り余地はありそうだが、積極的に買い上がっていく 感じではない」(同)という。 […]

[Market Eye]Stocks: The Nikkei average is catching up, and buybacks are becoming more active due to the feeling of bottoming out | Reuters

[東京 7日 ロイター] – <13:00> 日経平均は上値追い、底入れ感から買い戻しが活発化 日経平均は上値追い。後場に入ってから戻りに弾みを加え、日経平均は500円を超 す上昇となっている。ソフトバンクグループ が引き続き強調を保っているほか、 主力銘柄も総じてしっかり。値上がり銘柄数は2000を超え、ほぼ全面高商状。 市場では「チャートは目先的に底入れ感が生じた格好。短期筋の買い戻しが活発化し ている」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は反発、警戒感和らぎ景気敏感株がしっかり 前場の東京株式市場で日経平均は反発し、前営業日比354円64銭高の2万828 2円01銭で午前の取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」 への過度な警戒感が和らいだことを受け、景気敏感セクターを中心に買い戻しが優勢とな った。新規の材料が少ないことから、買い一巡後は米株先物やアジア株などの外部環境の 動向を見極めながら上下する展開となった。 週明け6日の米国株式市場は主要3株価指数が反発した。オミクロン株を巡る当局者 の前向きなコメントを好感し、景気に敏感な銘柄や旅行関連株を中心に買いが入った。 米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は5日、オミクロン株について、さら なる研究が必要としながらも「現時点で重症化の度合いはそれほど高くないようだ」と述 べた。 日経平均は反発スタート。一時2万8000円割れとなる場面がみられたが、その後 持ち直し、411円87銭高の2万8339円24銭で高値をつけた。値がさ株の一角が しっかりとした動きとなったほか、景気敏感のバリュー株やレジャー株を物色する動きも みられた。 市場では「米株上昇を受け、先物を買い戻すきっかけができた。今週末にメジャーS Q(特別清算指数)の算出を控える中、9限月から12限月へ乗り換えるロールオーバー の動きが進んでおり、株価は需給要因で上昇しやすい」(国内証券)との声が聞かれた。 TOPIXは1.23%高の1971.44ポイントで午前の取引を終了。東証1部 の売買代金は1兆2830億4100万円だった。東証33業種では、水産・農林業を除 く32業種が値上がり。空運業、海運業、陸運業、ガラス・土石製品、情報・通信業、鉱 業などが値上がり率上位となった。 個別では、前日に大幅安となったソフトバンクグループ が大幅反発し、7. 76%超高の5499円。東証1部の売買代金トップとなり、日経平均を約84円押し上 げた。下げ過ぎとの見方が生じたほか、出資先のアリババ株が米市場で大幅高となったこ とが材料視された。 そのほか、ファーストリテイリング 、東京エレクトロン 、テルモなどもしっかり。日本水産 は大幅安となったほか、コナミホールディング ス 、協和キリン もさえなかった。 東証1部の騰落数は、値上がりが1969銘柄(90%)、値下がりが162銘柄( 7%)、変わらずが50銘柄(2%)だった。 <11:20> 日経平均は一時400円超高、外部環境を見極めながら一進一退 日経平均は上げ幅を拡大し、一時411円87銭高の2万8339円24銭で高値を つけた。その後は300円ほど高い2万8200円台半ばでの一進一退の値動きとなって いる。時間外取引での米株先物、香港ハンセン指数 、上海総合指数 などの アジア株の動きに連動する展開となっている。 市場では「国内の材料が少ない。当面はアジア株や米株などの外部環境を見極めなが らの動きとなるだろう」(国内証券)との声が聞かれる。 <10:20> 日経平均はしっかり、値ごろ感から買い先行 ソフトバンクGは7 […]

[Market Eye]Stocks: Nikkei average turns negative, fast retail declines heavily | Reuters

[東京 30日 ロイター] – <14:10> 日経平均はマイナス転換、ファーストリテの下げが重し 日経平均はマイナスに転換。市場では「引け後にMSCI(モルガン・スタンレー・ キャピタル・インターナショナル)が定期銘柄入れ替えを行うのに伴い2000億円超の 資金流出が観測されており、それを見極めたいとのムードが生じて買い手控えられている 」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)との声が聞かれる。 個別では、ファーストリテイリング が大幅安となり、年初来安値を更新。除 数28.373で計算すると日経平均を80円近く押し下げ、株価全体の重しとなってい る。 <13:01> 後場の日経平均は上げ幅を縮小、値がさ株を中心に利益確定売り 日経平均は上げ幅を縮小している。後場寄り後まもなく108円29銭高の2万83 92円21銭できょうの安値を付けた後、2万8400円台でのもみあいとなっている。 値がさ株を中心に利益確定売りが先行したほか、昼休み時間中に米株先物が上げ幅を縮小 した流れを引き継いだ。 オミクロン株への警戒感は根強く、感染拡大の影響を受けやすい銘柄の上値は重いと いい、「半導体関連などは仮に感染が深刻化しても買われるが、それ以外の銘柄が多いの が事実」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時現在の東証1部の売買代金は1兆6779億6800万円。東証33業種で は、鉄鋼、医薬品、その他製品を除く30業種が値上がり。陸運業、空運業、鉱業、金属 製品などが値上がり率上位となっている。 <11:50> 前場の日経平均は反発、米株高を好感 買い一巡後は伸び悩み 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比214円99銭高の2万8498円9 1銭となり、3日ぶりに反発した。前日の米株高を好感したほか、自律反発狙いの買いが 先行した。ただ、南アフリカで確認された新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が 引き続き警戒されていることもあり、買い一巡後は伸び悩み、徐々に上げ幅を縮小する展 開となった。 週明け29日の米国株式市場では、主要株価3指数がいずれも前週末の急落から反発 した。「オミクロン」について、バイデン米大統領がロックダウン(都市封鎖)の再導入 にはつながらないと述べ、安心感が広がった。テクノロジー株の上昇に支援され、ナスダ ック総合 が上げを主導した。 日経平均は反発スタート。米株高を好感したほか、日経平均は前日までの2営業日で で約1200円下落したため、反動から買いが優勢となり、寄り付き後間もなく前営業日 比434円78銭高の2万8718円70銭で高値を付けた。その後は伸び悩み、時間外 取引での米株先物の値動きに追随する格好となった。 取引時間中に中国国家統計局が発表した11月の製造業購買担当者景気指数(PMI )は50.1と、10月の49.2から上昇した。市場予想の49.6を上回り、景況改 善・悪化の分岐点となる50を8月以降初めて上回ったものの、日本株への影響は限定的 だった。 市場では「米国ハイテク株が強いので、売る理由は特にない。ただ、日本独自の材料 ではないほか、オミクロンが依然として警戒されているため、上値は重い」(国内証券) との声が聞かれる。 個別では、東京エレクトロン 、アドバンテスト などの半導体製造関 連がしっかり。2銘柄で日経平均を約78円押し上げた。米フィラデルフィア半導体指数 (SOX指数)が4%上昇したことなどが好感された。 そのほか、ニコン 、オリンパス 、ソニーグループ なども しっかり。三菱自動車工業 、日産自動車 […]

Apple criticizes EU draft guidelines App store tour | Reuters

Apple has said it opposes the European Union’s draft guidelines that allow “sideloading” to install apps without going through a legitimate app store. Photo taken in Paris in September (2021 Reuters / GONZALO FUENTES) [Reuters, Lisbon 3rd]–Apple has said it opposes the European Union’s draft guidelines that allow “sideloading” to install apps without going through […]

Information BOX: Metaverse on FB, notable related companies | Reuters

[1st Reuters]–The official company name will be changed to “Meta Platforms” to show its stance of focusing on Facebook “Metaverse (giant virtual space)” related businesses. The company believes Metaverse will be the next mainstream Internet space to replace mobile. On November 1, the official company name will be changed to “Meta Platforms” to show its […]

[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 / Daily is “Tayo Line”, confirmed bottoming out by filling in Mad | Reuters

[東京 11日 ロイター] – <15:40> 日経平均・日足は「大陽線」、マド埋めで底打ちを確認 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」。前営業日の伸びを欠いた「トウ バ」を包み込むような形の「抱き線」となり、リバウンド相場の基調が強いことを印象付 けた。底入れ確認の戻りの目安となる4日と5日に空けたマド(上限値は4日安値2万8 343円58銭)を埋めたことで、底打ちを確認した格好となった点も注目。 今後は、今回はワンタッチにとどまった75日移動平均線(2万8545円85銭= 11日)、さらには200日移動平均線(2万8709円52銭=同)を上回ることがで きるかどうかが注目される。 <15:10> 新興株式市場はしっかり、地合い好転し値幅取り資金が流入 新興株式市場は、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がいずれも続伸した。市 場では「投資マインドの改善が読み取れるように地合いが好転し、動きの良い銘柄に値幅 取り資金が流入している」(国内証券)との声が聞かれる マザーズ総合は前営業日比1.61%高。直近のIPOのプロジェクトカンパニーのほか、アクアライン がストップ高となったほか、メルカリ が連 日の上場来高値更新。プレミアアンチエイジング 、ワンキャリア も堅調 に推移した。半面、フーバーブレイン が大幅安となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.72%高だった。スリー・ディー・マトリッ クス がストップ高となり、ウエストホールディングス 、フェローテック ホールディングス もしっかりだが、アジアゲートホールディングス が反 落した。 <14:25> 日経平均は強もちあい、テクニカル面の改善から安心感も 日経平均は強もちあい。2万8400円台で推移している。テクニカル面では、急落 時に空けたマドの下限値である4日安値2万8343円28銭を上回ったことで、目先底 入れムードが台頭。「円安進行という環境面の好転のほか、テクニカル面も改善が顕著に なってきたことで、買い安心感が生じている」(国内証券)という。 個別では、後場に入ってからソフトバンクグループ が上値追いの展開となっ たことが注目されていた。 <13:05> 後場の日経平均はもみあい、400円超高 石油関連株はしっかり 後場の日経平均は前営業日比400円ほど高い2万8400円台半ばでもみあい。値 動きに乏しく、後場の日経平均はの値幅は上下約78円にとどまっている。市場では「岸 田政権の経済政策の行方、企業決算など、確認したい項目がいくつかある。様子見姿勢が 強まりやすい」(国内証券)との声が聞かれた。 午後1時現在の東証1部の売買代金は1兆7147億2900万円。東証1部では鉱 業、海運業、輸送用機器、石油・石炭製品などの32業種が値上がり。電気・ガス業は値 下がりとなっている。11日の北海ブレント原油先物 は83.20ドルと一段高 となっており、石油関連株を押し上げる要因となっている。 <11:50> 前場の日経平均は続伸、円安やアジア株高が支え リバウンドが継 続との声も 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比440円01銭高の2万8488円9 5銭となり、3日続伸した。朝方は前週末の米株安を嫌気する形で反落スタートとなった が、その後はプラス圏に浮上した。市場では、アジア株高や為替の円安を指摘する見方が あったほか、「リバウンド局面は継続している」(国内証券)との声も聞かれた。 前週末8日の米国株式市場では、主要3指数が下落した。9月の米雇用統計は失望を […]