Newsletter

Gas transport via Nord Stream 1 reduced, sanctions delay equipment delivery | Reuters

The amount of gas transported by Russia’s state-owned natural gas company Gazprom via the natural gas pipeline “Nord Stream 1” connecting Russia and Germany is decreasing. Taken in February (2022 Reuters / Dado Ruvic) [Reuters]–The amount of gas transported by Russia’s state-owned natural gas company Gazprom via the natural gas pipeline “Nord Stream 1” connecting […]

Ukrainian Operating Corporation announces that Russia-controlled nuclear power plant will not be closed | Reuters

Ukrainian state-owned nuclear power company Energoatom denied reports on June 2 that it would shut down its Russian-controlled nuclear power plant in Southern Zaporozie (pictured) if the Ukrainian side loses control. Photo courtesy of March 17 (2022 Reuters) [Kiev (Kyiv) 2nd Reuters]–Ukrainian state nuclear power company Energoatom denies reports on the 2nd that the Ukrainian […]

U.S. officials identify Kaspersky and China Mobile as “security threats” | Reuters

On the 25th, the Federal Communications Commission (FCC) considers Russia’s security software giant Kaspersky, China Telecom Corporation, and China Mobile International USA as a threat to national security. Added to the list of vendors. Photo taken in Moscow, October 2017 (2022 Reuters / Maxim Shemetov) [Washington, 25th Reuters]–The Federal Communications Commission (FCC) announced on the […]

[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 / Daily is “Big Shadow Line”, below 28,000 yen | Reuters

[東京 20日 ロイター] – <16:10> 日経平均・日足は「大陰線」、2万8000円を割り込む 日経平均・日足は上下に短めのひげを伴う「大陰線」となった。心理的な下値サポー トラインになるとみられた2万8000円を割り込むとともに、長短移動平均線との下方 かい離率が拡大し、弱気に傾斜する動きとなっている。 ただ、短期的には下げ過ぎとの印象が強いうえに、時価水準より下値の2万7000 円前半は支持線として強く意識されており、目先は自律反発のタイミングを計る場面と言 えそうだ。 <15:15> 新興株市場は続落、マザーズ指数が連日の年初来安値 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。マザー ズ指数は連日の年初来安値更新。市場では「個人投資家が追い証発生で投げさせらる例が 目立っている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したHYUGA PRIMARY C は公開 価格を40%上回る3640円で初値を付けた後、ストップ高に買われた一方、グローバ ルセキュリティエキスパ は公開価格を43.57%上回る4020円で初値を付 けた後、ストップ安に沈むなど、高値発進の後は明暗を分けた。 一方、同じく新規上場のJDSC は初値こそ、公開価格をわずか0.05% 上回る1681円だったが、その後はストップ高となった。 マザーズ総合は前営業日比1.60%安。サイエンスアーツ がストップ安と なったほか、メディア総研 が大幅安。半面、フレアス がストップ高に買 われた。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.65%安。フェローテックホールディングス 、ハーモニック・ドライブ・システムズ などがさえないが、SIホール ディングス はストップ高となった。 <14:20> 日経平均は安値もみあい、2万8000円割れの水準で下げ渋る 日経平均は安値もみあい。下値の目安として意識されていた2万8000円を割り込 んだ後は下げ渋っている。これまでに2万7000円台では買いが入り下げ止まった経緯 があるため、短期筋の売りもこの水準ではいったん止まるとの指摘もあった。 市場では「個人投資家は追い証発生で懐が痛んでおり、押し目を積極的に買う動きと はならない一方、年末の損益通算に伴う売りも出やすいため、需給面はかなり厳しい状態 にある」(国内証券)との声が聞かれる。 <13:04> 日経平均は2万8000円下回る、短期筋の売り仕掛けへの警戒感も 日経平均は後場に入って、戻りの鈍い動きを続けている。一時2万8000円を下回 り、12月7日以来の低水準に下落した。中国が利下げに動いたことで、中国景気への懸 念が出ているとの見方がある一方、市場では「市場参加者が少ないところ、短期筋の仕掛 け的な売りに振らされている印象」(国内証券)との指摘も根強い。 2万8000円割れの水準では押し目買いが支えになると期待する声がある一方、前 場の東証株価指数(TOPIX)は1.61%安で、市場で日銀の上場投資信託(ETF )買いの目安とされる2.0%超安の水準に届いておらず「日銀のETF買いは期待でき そうにない。押し目買いもあまり入らないとみれば、一段の売り仕掛けもあるかもしれな い」(同)と警戒する見方も出ていた。 <11:50> 前場の日経平均は大幅続落、米株安やオミクロン警戒が重し 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比490円40銭安の2万8055円2 8銭と、大幅に続落した。オミクロン株への警戒感から朝方に安く始まった後、中国株が 軟調に推移する中、下げ幅を拡大した。 週末17日の米国株式市場は下落し、ダウ工業株30種は1.48%安となった。コ […]

New Corona epidemic in Zhejiang, China, 20 listed companies shut down | Reuters

A new coronavirus epidemic in eastern Zhejiang Province, China, has shut down at least 20 listed companies as part of infection control measures. Photograph of materials, taken on the 14th (2021 Reuters / Aly Song) [Shanghai, 14th Reuters]–At least 20 listed companies have stopped operations as part of infection control measures due to the outbreak […]

[Market Eye]Stocks: The Nikkei average in the latter part of the market is declining and expanding, and MSCI replacement is also determined due to the depreciation of Asian stocks | Reuters

[東京 10日 ロイター] – <13:00> 後場の日経平均は下げ拡大、アジア株安で MSCI入れ替え見極 めも 後場の日経平均は下げ幅を拡大し、一時前営業日比200円超安となった。現在は1 50円ほど安い2万9100円近辺での推移となっている。市場では、アジア株の下落や 為替の円高基調が嫌気されていると見方があるほか、日本時間の12日朝に発表を控えて いるMSCI指数の定期入れ替えも相場の重しとなっているという。 市場では「5月に入れ替えが行われた際は日本株の新規採用がなく、除外によって数 千億規模の資金が流出したとの観測もある。今回の入れ替えは確定してはいないものの、 少なからず相場の重しとはなっているだろう」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時現在の東証1部の売買代金は1兆5433億6800万円。東証33業種で は、ゴム製品、空運業、鉄鋼、非鉄金属などの24業種が値下がり。海運業、パルプ・紙 、鉱業などの9業種は値上がりとなっている。 <11:45> 前場の日経平均は続落、米株・アジア株安を嫌気 米CPI控え見 送りも 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比88円46銭安の2万9197円00 銭となり、4日続落した。前日の米株安が嫌気されたほか、時間外取引での米株先物の軟 化や香港ハンセン指数、上海総合指数などのアジア株が軒並み下落したことも重しとなっ た。日本時間の今夜発表される米消費者物価指数(CPI)を見極めたいという見送りム ードも強かった。 9日の米国株式市場は主要3指数が反落し、連日の最高値更新に終止符を打った。材 料を欠く中で利益確定売りの動きが出たほか、インフレ懸念が重しになった。 日経平均は寄り付きで続落後、129円66銭安の2万9155円80銭で安値をつ けた。一時プラス圏に浮上する場面もみられたが、上昇は長続きせず再びマイナス圏に沈 んだ。米株先物安、アジア株安のほか、為替のドル/円が引き続き112.80円近辺と 円高傾向となっていることも上値を抑える要因となった。 市場では「日経平均はきのうまでの3日間で500円以上下落しているが、10月の 安値からは1000円ほど上昇している。高値は取れていないが、出遅れているわけでも ない。今は値固めの段階」(国内証券)との声が聞かれる。 TOPIXも4日続落となり0.21%安の2014.52ポイントで午前の取引を 終了した。東証1部の売買代金は1兆2841億6900万円。東証33業種では、ゴム 製品、非鉄金属、空運業、鉄鋼などの18業種が値下がり。海運業、鉱業、パルプ・紙な どの15業種は値上がりとなっている。 個別では、ソフトバンクグループ が4%超安となり日経平均を約61円押し 下げたほか、東京エレクトロン 、アドバンテスト 、テルモ もさ えない。前日に決算を発表したNTTデータ 、ネクソン はしっかり。フ ァナック 、エムスリー も買われた。 東証1部の騰落数は、値上がりが977銘柄、値下がりが1068銘柄、変わらずが 126銘柄だった。 <11:02> 日経平均はマイナス圏で一進一退、一時プラス転換でも上値重い 日経平均はマイナス圏で一進一退。一時プラス圏に浮上する場面がみられたが、再び マイナス圏に沈んだ。市場では「上値は重いが、下を売り込む動きもみられない。決算の 株価反応もまちまちとなっており、方向感がつかみづらい」(国内証券)との声が聞かれ る。 午前11時現在の東証1部の売買代金は1兆1468億6900万円。東証33業種 では、ゴム製品、非鉄金属、海運業などの18業種が値下がり。海運業、パルプ・紙、鉱 […]

[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 / Daily is “Tayo Line”, confirmed bottoming out by filling in Mad | Reuters

[東京 11日 ロイター] – <15:40> 日経平均・日足は「大陽線」、マド埋めで底打ちを確認 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」。前営業日の伸びを欠いた「トウ バ」を包み込むような形の「抱き線」となり、リバウンド相場の基調が強いことを印象付 けた。底入れ確認の戻りの目安となる4日と5日に空けたマド(上限値は4日安値2万8 343円58銭)を埋めたことで、底打ちを確認した格好となった点も注目。 今後は、今回はワンタッチにとどまった75日移動平均線(2万8545円85銭= 11日)、さらには200日移動平均線(2万8709円52銭=同)を上回ることがで きるかどうかが注目される。 <15:10> 新興株式市場はしっかり、地合い好転し値幅取り資金が流入 新興株式市場は、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がいずれも続伸した。市 場では「投資マインドの改善が読み取れるように地合いが好転し、動きの良い銘柄に値幅 取り資金が流入している」(国内証券)との声が聞かれる マザーズ総合は前営業日比1.61%高。直近のIPOのプロジェクトカンパニーのほか、アクアライン がストップ高となったほか、メルカリ が連 日の上場来高値更新。プレミアアンチエイジング 、ワンキャリア も堅調 に推移した。半面、フーバーブレイン が大幅安となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.72%高だった。スリー・ディー・マトリッ クス がストップ高となり、ウエストホールディングス 、フェローテック ホールディングス もしっかりだが、アジアゲートホールディングス が反 落した。 <14:25> 日経平均は強もちあい、テクニカル面の改善から安心感も 日経平均は強もちあい。2万8400円台で推移している。テクニカル面では、急落 時に空けたマドの下限値である4日安値2万8343円28銭を上回ったことで、目先底 入れムードが台頭。「円安進行という環境面の好転のほか、テクニカル面も改善が顕著に なってきたことで、買い安心感が生じている」(国内証券)という。 個別では、後場に入ってからソフトバンクグループ が上値追いの展開となっ たことが注目されていた。 <13:05> 後場の日経平均はもみあい、400円超高 石油関連株はしっかり 後場の日経平均は前営業日比400円ほど高い2万8400円台半ばでもみあい。値 動きに乏しく、後場の日経平均はの値幅は上下約78円にとどまっている。市場では「岸 田政権の経済政策の行方、企業決算など、確認したい項目がいくつかある。様子見姿勢が 強まりやすい」(国内証券)との声が聞かれた。 午後1時現在の東証1部の売買代金は1兆7147億2900万円。東証1部では鉱 業、海運業、輸送用機器、石油・石炭製品などの32業種が値上がり。電気・ガス業は値 下がりとなっている。11日の北海ブレント原油先物 は83.20ドルと一段高 となっており、石油関連株を押し上げる要因となっている。 <11:50> 前場の日経平均は続伸、円安やアジア株高が支え リバウンドが継 続との声も 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比440円01銭高の2万8488円9 5銭となり、3日続伸した。朝方は前週末の米株安を嫌気する形で反落スタートとなった が、その後はプラス圏に浮上した。市場では、アジア株高や為替の円安を指摘する見方が あったほか、「リバウンド局面は継続している」(国内証券)との声も聞かれた。 前週末8日の米国株式市場では、主要3指数が下落した。9月の米雇用統計は失望を […]

[Market Eye]Stocks: Nikkei average in the latter part of the market narrows, over 200 yen high US employment statistics wait-and-see | Reuters

[東京 7日 ロイター] – <12:55> 後場の日経平均は上げ幅縮小、200円超高 米雇用統計控え様子見 後場の日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万7700円台後 半でのもみあいとなっている。TOPIXも上げ幅を縮小し、現在0.30%ほど高い1 947ポイント近辺。後場に入り様子見ムードが広がっている。 日経平均は前日までの8日間で2700円以上下落したため、きょうは自律反発狙い の買いが優勢となっている。ただ、市場では「ここまで下がったことを考えると、戻りは 鈍く、不安感は払拭されていない。明日発表の米雇用統計を確認するまでは様子をみたい 」(国内証券)との声が聞かれる。 午後0時45分現在の東証1部の売買代金は1兆7331億6100万円。東証33 業種では、海運業、その他金融業、情報・通信業などの19業種は値上がり。鉱業、石油 ・石炭製品、空運株などの14業種は値下がりとなっている。 <11:50> 前場の日経平均は反発、自律反発狙いの買いが優勢 米株高も支え 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比461円45銭高の2万7990円3 2銭となり、9日ぶりに反発した。6日の米株高を好感したほか、売られ過ぎとの見方か ら買いが流入した。 6日の米国株式市場は主要3株価指数が上昇した。米民主・共和両党が連邦債務上限 引き上げで合意して米国のデフォルト(債務不履行)が回避されるとの楽観的な見方が広 がった。 日本株は前場を通してじり高の展開となり、486円24銭高の2万8015円11 銭で高値を付け、一時2万8000円台を回復した。自律反発狙いの買いが先行したほか 、米株高が好感された。取引時間中に香港ハンセン株価指数などのアジア株が底堅く推移 し、原油高が一服したことも支えとなった 市場では「最近みられた懸念材料が少し和らぎ、株は回復基調をたどっている。ただ 、懸念は完全に払しょくされたわけではないので、後場は様子見の強い相場となるのでは ないか」(運用会社)との声が聞かれた。 TOPIXは0.77%高の1956.79ポイントで午前の取引を終了。東証1部 の売買代金は1兆5453億9100万円。東証33業種では、海運業、情報・通信業、 機械などの21業種が値上がり。鉱業、石油・石炭製品、電気・ガス業などの12業種は 値下がりした。 個別では、ファーストリテイリング 、東京エレクトロン 、ダイキン 工業 、ソフトバンクグループ 、アドバンテスト などの値がさ株 やハイテク株がしっかり。半面、武田薬品工業 、イオン 、出光興産などは大幅安となった。 東証1部の騰落数は、値上がり1396銘柄に対し、値下がりが683銘柄、変わら ずが104銘柄だった。 <11:15> 日経平均は上げ幅を拡大、2万8000円台を回復 自律反発狙いの買 い 日経平均は上げ幅を拡大し、高値圏で推移している。足元は前営業日比450円超高 の2万8000円近辺。香港ハンセン株価指数などのアジア株や、時間外取引で米株先物 が底堅いことが支えとなっている。 TOPIXは0.80%超高の1960ポイント近辺。東証33業種では、海運業、 情報・通信業、その他金融業などの22業種が値上がり。鉱業、石油・石炭製品、電気・ ガス業などの11業種は値を下げている。 市場では「自律反発を狙った買いで日経平均はしっかり。このところ急速に売られて いた銘柄が買われている半面、直近買われていた銘柄が利益確定売りに押されている」( 国内証券)との声が聞かれた。 <10:05> 日経平均は堅調持続、下げ過ぎの反動から自律反発 […]